読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は26日、スマートフォン「i

 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は26日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の1~3月販売が伸び悩んだことについて、香港を訪れる旅行客の減少を要因として挙げた。香港を名指しで挙げるという異例の言及を行ったことになる。 シャネルiphone6 ケース28日付香港経済日報が伝えた。  クックCEOは、「香港ドルと米ドルのペッグ制の下で、最近は香港ドルが強含み、香港を訪れる旅行客の消費が減少し、アイフォーンの売れ行きにも影響を与えた」と指摘した。 ルイヴィトン マフラー本土経済の低迷も香港での販売に響いたとの見方がある。  携帯電話販売店が集中する九龍・旺角の商業ビル先達広場の小売店では、アイフォーンの販売が前年同期から5~8割落ち込んでいるとされる。 CHANELマフラー最近は本土客が目立って減っているという。  アイフォーンの1~3月の販売台数は全世界で前年同期比16%減の5,119万台にとどまった。 エルメス6Plusケースアイフォーンの販売が落ち込むのは2007年に投入して以来初めて。  1~3月期の中華圏での売上高は26%減の124億9,000万米ドル(約1兆3,500億円)となり、下げ幅は世界地域別で最大。 6Plusケースシャネルしかし、中華圏をさらに細分化して見ると、中国本土は11%減(為替変動分を除くと7%減)にとどまっており、香港での販売低迷が中華圏全体の足を引っ張ったとみられている。 これまで課題として挙げてきた、「XPERIA」などスマートフォンを扱うモバイル・コミュニケーション分野、「プレイステーション(PS)4」などゲーム機とそのサービスを扱うゲーム&ネットワークサービス分野、「αシリーズ」などのデジタルカメラを扱うイメージングプロダクツ&ソリューション分野、薄型テレビ「BRAVIA」などを扱うホームエンタテイメント&サウンド分野、イメージセンサーを扱う「デバイス分野のエレクトロニクス5分野を合計した営業利益についても、2010年度以来5年ぶりの黒字化を果たした。 シリコンiPhoneケース  2015年度のエレクトロニクス5分野をそれぞれ見ると、構造改革が道半ばのモバイル・コミュニケーション分野と、スマートフォン市場の成長鈍化の影響でイメージセンサーの需要が想定よりも大幅に減少したデバイス分野は赤字だった。しかし、プレイステーション4が好調なゲーム&ネットワークサービス分野や、高付加価値モデルへのシフトに成功したイメージングプロダクツ&ソリューション分野、テレビ事業の分社化をはじめ早期に構造改革に取り組んだホームエンタテイメント&サウンド分野は大幅な増益を果たした。 最新シャネルiphone6 ケース赤字2分野のマイナスを黒字3分野がカバーした格好だ。  特にゲーム&ネットワークサービス分野については、PS4がハードウェア、ソフトウェアともに好調で、さらにPS4を端末として利用するネットワークサービスの売上高が大きく伸長している。 人気ブランド携帯カバー2015年度は前年度の1.5倍になっており、今後は米国で開始したテレビサービス「PS Vue」も加えて、さらなる成長を見込む。「継続的に収益を生み出すリカーリング事業の中心的存在になってきた」(吉田氏)という。 ルイ・ヴィトンiphone6ケース ●デバイス分野は想定が全て裏目に  ゲーム&ネットワークサービス分野と対照的なのが、2015年度の半ばまで大きな収益を稼ぎだしてきたデバイス分野だ。2015年度の売上高は前年度比0.9%増となったものの、営業利益は同1176億円悪化の286億円の赤字に転落した。 人気ブランド携帯カバー